掛け捨てにするか貯蓄型にするか生命保険 比較

生命保険 比較をして加入する商品を決めるならば、やはり定期保険で掛け捨てにするのか終身保険で貯蓄性を重視するかが悩みどころです。
定期保険だと貯蓄性がない分、保険料がかなり安く抑えられるのは若い人には魅力です。

しかし掛け捨てでは何も残らないため、定期保険は子供が成人するまで、など一定期間だけの保障で良いと割り切って考えるならそれも良いでしょう。
若いうちなら特に保険料は安く済みますので、その期間だけ保険を確保したり、補強したい場合には定期保険は向いていると言えます。

では終身保険はどうなのかというと、これは掛け捨て保険分に貯蓄分の保険料も支払う形になるため保険料は比較的高いのが普通です。
しかし満期まで支払いを続ければ解約時にはお金が戻ってきます。
満期前に解約すると損するのが普通ですから満期まで支払い続けられるなら貯蓄代わりになるのでお勧めです。

つまり終身型は、遺族に確実に保険金を残したいとかお葬式の費用を準備しておきたい人には向いています。
掛け捨ての定期保険に加入し続けるのも一つの方法ですが、それだと保険料は年齢が上がるにつれて高くなってしまいます。

さらに年齢が高くなるにつれて、また病気をした後などは保険は加入を断られる場合も多くなります。
生命保険 比較をする時期は、年齢や病歴によって状況が変わる事にも注意したいですね。